ひごろのできごと

nokiakiss.exblog.jp
ブログトップ

ヴィアレ・カタラタス(ブラジル)

旅のスタートは約35時間の移動拘束・・・
羽田→ロサンゼルス→リマ→イグアス

気の遠くなるような移動でした(苦笑)  

旅の始めはフォグ・ド・イグアスに2日間の滞在。

空港からホテルはとっても近かった。
ホテルは「ヴィアレ・カタラタス」
なんだかとっても近代的な建物。
b0071348_23122135.jpg

高層の建物が周りにまったくないのは空港が近いせい?
それともこの街の規制のせい?

夜の到着だったので着後すぐにビュッフェの夕食。
ブラジルと言えば牛肉、そればっかりかなぁ・・・と思ったけれど
そんなこともなく。サラダやフルーツ、ご飯系もある。
スタートから胃が重くなるかと思ったけれど大丈夫だった。

こちらのホテルのビュッフェ、朝晩ともハズレることもなく
美味しい食事をいただきました。
b0071348_2313534.jpg

さて、部屋は?
b0071348_23133238.jpg

食事後、解散してそれぞれの部屋へ。
扉を開けて・・・
グリーン!グリーン!グリーン!
壁が鮮やか、だけれど心が落ち着く色~♪
b0071348_23135634.jpg

部屋自体もとても広くて大きなスーツケースが2つ入っても平気~。
バスルームはシャワーだけだけれどキレイだし
私たちの普段の旅行で利用するホテルに比べれば
とてもとても点数高いです(苦笑)
b0071348_23143567.jpg

他、有料ですがパソコンも共有スペースに用意されていました。
b0071348_23153621.jpg

スタッフの方もとても親切で、Pの忘れ物もちゃんとフロントで
管理してくれていましたし。
(チェックアウトギリギリまでこの忘れ物に気づかなかった私たち・・・浮かれ過ぎ。)

大勢の観光客がわんさかいる風でもなかったので
結構のんびりできました。

あ、季節が良ければ屋外プールもありましたよ。
今の時期は寒くてNGですがスタッフの方がきちんとお掃除されてました。
b0071348_23155873.jpg

[PR]
# by nokiakiss | 2012-07-06 17:19 | 南米2012

持ち物リスト

海外旅行10日間の旅行はあまり経験がなく。
また、アウトドア系の旅行もなかなかない。

役に立つものもあったり、なかったりですが。
ご参考になればと思います。
長旅なので荷物がわんさか・・・
適当に詰めると分からなくなるので同じルートを旅行された方の
データを元に準備しました。

スーツケースのサイズは悩みましたが、飛行機が運んでくれるので
かなり余裕がありましたが特大サイズで行くことに。

アメリカ経由なのでカギをかけることが出来ません。
ベルトをしっかりして「どうか開けられませんように・・・」と
チェックインの時に祈って荷物を預けました(笑)

持ち物は↓の通り。

<必需品>
パスポート⇒コピーを別のバッグ、財布に入れました。
ESTAのコピー⇒念のため。
海外旅行保険証書
日程表・eチケットの控
米ドル現金
クレジットカード

<バッグ>
マチュピチュ1泊用リュック(25L)
⇒マチュピチュ村には1泊用のバッグしか持ち込めないため。
ミニバッグ(街歩き用)

<書籍等>
ガイドブック(ペルー、マチュピチュ、ナスカ)

<着替え等>
レインウェア(上下)⇒イグアスで必要
ダウンジャケット⇒クスコの夜に必要
フリースジャケット⇒防寒予備
即乾素材の長袖Tシャツ 3
即乾素材の半袖Tシャツ 1
普通素材の半袖Tシャツ 2
山タイツ 2
山スカート 1
ハーフパンツ 1
下着 4セット
帽子
ミニタオル 4
ハンドタオル 4
パジャマ⇒夜は冷えるので長袖がいいと思います。
グローブ⇒マチュピチュで使用。
スニーカー 1⇒イグアスで濡れると思ったので1足持って行きました。

Tシャツ、下着は夜、洗濯をしていました。
が、ツアーのように強行日程の場合は必要数持って行くことを
お勧めします。体力温存のためにも睡眠は大切ですから!

<洗面用具・化粧品>
洗面用具・化粧品
日焼止め
爪切り

<薬など>
頭痛薬
胃薬
整腸剤
絆創膏
虫除けスプレー
虫さされの薬
マルチビタミン剤
湿布
酔い止め
⇒気分の問題ですが。普段乗物酔いはないですが一応飲みました。(ナスカ)
食べる酸素⇒クスコは高所なのであると安心。山ショップで購入可能。
カイロ
⇒帰り便の搭乗で没収されます。ペルー人は発火すると思っているようです。
スポーツドリンクの粉末 4⇒使いませんでしたが念の為、持って行きました。

<カメラ等>
デジカメ 2
携帯電話のカメラ機能 3⇒防水機能付
充電池 2セット
充電器⇒空港等で充電できるので持ち歩いた方がいいです。
メディア 多め
パソコン⇒写真データ保存用
三脚⇒ツアーメンバーに頼めたので特に使用しませんでした。

<食べ物>
飴 2袋
⇒もう少し持って行けば良かったです。気分転換と飛行機内の乾燥に
すごく役に立ちました。
カップラーメン 2
おやつ⇒和物のおやつでホッと一息できます。
ティーバッグ(紅茶・インスタントコーヒー)

<その他>
ペンライト
ビーチサンダル
折りたたみ傘
はさみ
ハンガー
洗濯ばさみ
ジップロック
トイレットペーパー
ポケットティッシュ
スーパーのビニール袋
筆記用具
目覚まし時計⇒持って行ったのに電池切れ。意味がなかったです(泣)
サングラス
使い捨てマスク⇒飛行機内の乾燥防止に必要です。
ライター
電卓

まだ他にもあったかもしれませんが、大体はこんな感じです。
1泊用リュックも行きのスーツケースに納まりました。
[PR]
# by nokiakiss | 2012-07-05 22:54 | 南米2012

ブラジル査証 申請のこと

イグアスの滝、こちらはブラジルの大事な水資源。

観光するにあたって、2日間のブラジル滞在ですがビザは必要。
都内だと五反田にある「ブラジル総領事館」で申請できます。

必要なもの:パスポート、戸籍謄本(家族で1通)、
写真、申請書類(HPで入力、プリントアウト)、旅行の日程表
費用:¥2,500

旅行会社でも代行で申請してくれますが余計な費用がかかります。
時間のある方はご自身で申請、受領されることをお勧めします。
一般の申請時間は10:00~12:00
受取時間は12:00~13:00なのでご注意を。

旅行の日程表について。
旅行会社に申請に必要なため、依頼したところ1通¥5,000と・・・
一人1枚なので二人で¥10,000ですよね。
高いでしょう・・・

旅行会社に問い合わせましたがもちろん支払わないと発行してくれません。
でも待てよ・・・と。

総領事館に問い合わせ。
聞いてみると「飛行機の便名、日程がはっきりしていれば問題ない」と。
旅行会社は英語表記でないとダメだとか色々と言ってましたが。

簡易的な日程表であれば旅行会社も無料で発行してくれるので
こちらを持ち込んで申請しました。もちろん基本情報が全部揃っているので
問題無し。

この申請にはかなり苦労しました。

旅行会社も総領事館もメールでしか問い合わせを受け付けてくれないので
意志の疎通がうまくいかず。
旅行会社の方も「簡易日程表で申請が通るかどうか・・・」と返事が曖昧。
「その旨、ご自身で総領事館にちゃんと確認して下さい」なんて。

他にも今までにブラジルへ旅行する方たちの手配をしているはずなのに
ちょっと不親切な対応だなぁ・・・と思ってしまったのは私だけでしょうか?

しかし苦労した結果、余計な費用も掛からず無事申請完了。
これでひとつ、旅行の準備が整いました!

情報が不足しているかもしれないので申請される方は
必ずHPで詳細を確認してみてくださいね。

ブラジル総領事館HP
[PR]
# by nokiakiss | 2012-06-29 19:23 | 南米2012